選定療養に対応した多焦点眼内レンズ

2020年4月より先進医療であった多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。
選定療養の対応により老眼も直す事の出来る多焦点眼内レンズを選択する場合に特別な治療として差額のレンズ代や特殊な検査代等を保険適応外の費用(選定療養費)として負担していただきます。
多焦点眼内レンズの種類により選定療養費も異なります。詳細は下記の料金表をご覧ください。
選定医療についての詳細は、お気軽にお問い合わせください。

多焦点眼内レンズとは?

通常、保険適用で行う白内障手術に使用する単焦点眼内レンズは、遠くもしくは近くのいずれか一点しかピントが合わないため、焦点の合わない距離を見る場合は、メガネの着用が必要です。多焦点眼内レンズは遠方、近方の両方に焦点があうため眼鏡が必要になる可能性がかなり低くなります。
そのため、より快適に見えたいという方には多焦点眼内レンズをお勧めしています。

単焦点レンズと多焦点レンズの見え方の違い

単焦点レンズを使った見え方のシミュレーション

ピントを遠方に合わせた場合、
近方がぼやけて見えます。

ピントを近方に合わせた場合、
遠方がぼやけて見えます。
多焦点レンズを使った見え方のシミュレーション

近方と遠方の両方にピントをあわせることができます。
多焦点眼内レンズは、遠方と近方の2ヶ所に焦点を持つため、度数がぴたりと合うと手元から遠くまでもメガネなしで見えるようになります。
ただし、レンズの構造が複雑なために、暗所で強い光をまぶしく感じたり(グレア)、光の周辺に輪が架かって見える現象(ハロー)やコントラスト感度の低下が起きる場合があります。


※ハロー・グレア現象の感じ方には個人差があります。

多焦点眼内レンズの種類

回折型
同心円上に階段状の段差を持つ構造をで、光を回折現象により遠用と近用に分配し、2カ所に焦点を形成させて像を結ぶ原理となっています。 回折型多焦点眼内レンズとしてテクニスマルチフォーカル、レストア、ファインビジョンがあります。遠方、近方にピントがあい、遠近ともによく 見えます。瞳の大きさにあまり影響されないので、一般的に瞳の小さい高齢者の方にも安心して使用できるレンズです。 回析型は、基本的に近方の見え方が良好ですが、構造上入射光を二分しているので光のロスが20%程度あり、コントラスト感度の低下があります。これにより、若いころより見え方が劣ると感じたり、Waxy visionという現象で何となくぼやけたり、かすんだ感じに見えることがあります。

当院で取り扱っている多焦点眼内レンズ


レンズ外観

2焦点眼内レンズ

名称 Tecnis Multifocal
テクニスマルチ
光学部 回折型
乱視矯正 無し
レンズの度数間隔 0.5
焦点の数 2点
近くの焦点距離 30,40,50㎝
お薦め 特に手元がしっかり見えたい方

レンズ外観

3焦点眼内レンズ

名称 PanOptix
パンオプティクス
光学部 回折型(ENLIGHTEN光学テクノロジー)
乱視矯正 有り
レンズの度数間隔 0.5
焦点の数 遠・中・近、3点
近くの焦点距離 40cm~60cm
お薦め 遠く、中間、手元も落ち込みない視力希望される方

費用について

多焦点眼内レンズ
選定療養
  片眼の場合 両眼の場合
テクニスマルチ(2焦点レンズ) 保険診療代+
150,000円(税込み)
保険診療代+
300,000円(税込み)
パンオプティクス(3焦点レンズ) 保険診療代+
270,000円(税込み)
保険診療代+
540,000円(税込み)
パンオプティクス乱視用(3焦点レンズ) 保険診療代+
300,000円(税込み)
保険診療代+
600,000円(税込み)


兵庫・姫路で先進医療対応の多焦点レンズを
使った白内障手術をお探しなら

ささお眼科クリニック
〒672-8071  兵庫県姫路市飾磨区構1丁目72番地

当院へのアクセス

多焦点レンズ・白内障手術に関するお問い合わせ・ご予約は

手術は毎週水曜日に行っております