先進医療に対応した多焦点眼内レンズ

当院では、白内障手術の際、先進医療に対応した多焦点眼内レンズの提供が可能です。

白内障手術の眼内レンズで多焦点眼内レンズは健康保険適用外になりますが、当院は、この多焦点眼内レンズを用いた白内障手術において、厚生労働省から先進医療認定機関として承認されています。

先進医療認定施設とは?

保険診療で認められている医療水準を超えた最新の医療技術を先進医療といいます。その医療技術の使用を厚生労働省から認可された医療機関のことを先進医療認定施設といいます。

先進医療は、保険診療との併用が可能で手術前後の診察、検査、薬代の費用が保険適用となります。

また、民間の生命保険の中には手術給付金や先進医療特約プランを設けている場合があり、先進医療にかかる費用をカバーする保険に加入されている方は、先進医療費の全額が給付対象となります。給付の対象については、ご契約プランや加入時期によっても、保障内容が異なりますのでご加入の保険会社に直接お問い合わせください。

先進医療についての詳細は、お気軽にお問い合わせください。

多焦点眼内レンズとは?

通常、保険適用で行う白内障手術に使用する単焦点眼内レンズは、遠くもしくは近くのいずれか一点しかピントが合わないため、焦点の合わない距離を見る場合は、メガネの着用が必要です。多焦点眼内レンズは遠方、近方の両方に焦点があうため眼鏡が必要になる可能性がかなり低くなります。
そのため、より快適に見えたいという方には多焦点眼内レンズをお勧めしています。

単焦点レンズと多焦点レンズの見え方の違い

単焦点レンズを使った見え方のシミュレーション

ピントを遠方に合わせた場合、
近方がぼやけて見えます。

ピントを近方に合わせた場合、
遠方がぼやけて見えます。
多焦点レンズを使った見え方のシミュレーション

近方と遠方の両方にピントをあわせることができます。
多焦点眼内レンズは、遠方と近方の2ヶ所に焦点を持つため、度数がぴたりと合うと手元から遠くまでもメガネなしで見えるようになります。
ただし、レンズの構造が複雑なために、暗所で強い光をまぶしく感じたり(グレア)、光の周辺に輪が架かって見える現象(ハロー)やコントラスト感度の低下が起きる場合があります。


※ハロー・グレア現象の感じ方には個人差があります。

多焦点眼内レンズの種類

回折型
同心円上に階段状の段差を持つ構造をで、光を回折現象により遠用と近用に分配し、2カ所に焦点を形成させて像を結ぶ原理となっています。 回折型多焦点眼内レンズとしてテクニスマルチフォーカル、レストア、ファインビジョンがあります。遠方、近方にピントがあい、遠近ともによく 見えます。瞳の大きさにあまり影響されないので、一般的に瞳の小さい高齢者の方にも安心して使用できるレンズです。 回析型は、基本的に近方の見え方が良好ですが、構造上入射光を二分しているので光のロスが20%程度あり、コントラスト感度の低下があります。これにより、若いころより見え方が劣ると感じたり、Waxy visionという現象で何となくぼやけたり、かすんだ感じに見えることがあります。
屈折型
レンズ部分に同心円状に遠用・近用と異なる屈折力の部分が交互に繰り返される構造を持ちます。屈折型多焦点眼内レンズとしてアイシーとレンティスがあります。遠方を見るのに有意なデザインです。レンズの構造上、近方視力を得るには瞳孔径(瞳の大きさ)が必要なので、比較的若い方に向いてます。屈折型は、映像はシャープに見えますが回折型に比べて、夜間の見え方やハロ・グレアなどの症状がでやすいと言われてます。

当院で取り扱っている多焦点眼内レンズ

先進医療対応レンズ


レンズ
外観
名称 Active Focus
アクティブフォーカス
光学部 アポダイス回折型
乱視矯正 有り
レンズの
度数間隔
0.5
焦点の数 遠・中、2点
近くの
焦点距離
50cm~70cm
お薦め 買い物や旅行などよく外出され、
活動的なライフスタイルをお求めの方

先進医療対応レンズ


レンズ
外観
名称 Tecnis Symphony
テクニス シンフォニー
Tecnis Multifocal
テクニスマルチ
ReSTOR
レストア
光学部 エシェレット回折 回折型 回折型
乱視矯正 有り 無し 有り
レンズの
度数間隔
0.5 0.5 0.5
焦点の数 遠~近
(焦点深度拡張型)
2点 2点
近くの
焦点距離
50cm~70cm 30,40,50㎝ 30,40㎝
お薦め 自然な見え方を希望する方、
夜の見え方にこだわる方
特に手元がしっかり見えたい方 パソコンをよく利用する方

自由診療


レンズ
外観
名称 Fine VIsion
ファインビジョン
光学部 回折型
乱視矯正 有り
レンズの
度数間隔
0.5
焦点の数 3点
近くの
焦点距離
30cm
お薦め 遠く、中間、手元もしっかり見えたい方
先進医療対応レンズ アクティブフォーカス(ALCON社)
日本アルコン社製のアポダイズ回折型多焦点眼内レンズです。中央の直径3.4mmがアポダイズ回折構造で、その光学部中心領域は、遠方に光を100%配分するアポダイズ回折型非球面着色レンズです。
単焦点眼内レンズに匹敵する高いコントラストを得られシャープな像を得ることができ、より広い明視域を得ることができる構造となっております。
昼夜問わずよりアクティブなライフスタイルをお求めの方に適しています。
30~50cmの読書距離は弱いので必要に応じて眼鏡を使用しても良い方に適しています。
先進医療対応レンズ テクニス シンフォニー(AMO社)
AMO社の最新の多焦点眼内レンズシンフォニー「テクニス・シンフォニー」は単焦点レンズと多焦点レンズのメリットを融合させたレンズです。低照度下でも鮮明な視機能を実現し夜の見え方も自然です。30~50cmの読書距離は弱いので必要に応じて眼鏡を使用しても良い方に適しています。
先進医療対応レンズ テクニスマルチフォーカル(AMO社)
アメリカAMO社製の回折型多焦点眼内レンズです。
後面が回折機構、前面が非球面となっているアクリルレンズです。瞳孔の大きさで見え方が左右されることがない設計です。像の歪みなどを補正するデザインで、近く用のレンズの加入度数は+4D(30cmぐらいの距離)と+3.25D(40cmぐらいの距離)、+2.75D(50cmぐらいの距離)の3種類の中から選べ、お一人お一人の、ライフスタイルに合わせた選択ができるようになっています。
先進医療対応レンズ レストア(アルコン社)
日本アルコン社製の回折型多焦点眼内レンズです。
中央の直径3.6mmが回折構造で、その周辺が遠用の単焦点レンズになっているアクリル非球面着色レンズです。周辺の非球面屈折領域と、中央の回折領域により、見え方が瞳孔の大きさに依存しにくくなっています。近用レンズの加入度数は、+4D(近用眼鏡+3.2D相当)と+3D(近用眼鏡+2.5D相当)が選べ、お一人お一人の、ライフスタイルに合わせた選択ができるようになっています。
自由診療 ファインビジョン(PhysIOL社)
ベルギーPhysIOL社製の回折型トリフォーカルレンズです。
遠くと近くと中間距離の3点に焦点が合う眼内レンズで、構造は、遠くと近く・遠くと中間距離の2種類のバイフォーカルレンズを組み合わせた二重構造になっています。
近方・中間・遠方全てが見えるため、メガネの使用頻度がより少なくなり、手術後の快適な生活を可能にするレンズと言えます。
注文してからレンズが日本に届くまでに2~3週間かかります。

費用について

多焦点眼内レンズ
先進医療
  片眼の場合 両眼の場合
多焦点眼内レンズ手術 450,000円(非課税) 900,000円(非課税)
※手術前後の診察・検査・投薬は保険診療になります。

多焦点眼内レンズ
自由診療
  片眼の場合 両眼の場合
多焦点眼内レンズ手術 450,000円(税別) 900,000円(税別)
※自由診療は術前検査代、投薬代、術後1ヶ月までの検査代込の費用です。


兵庫・姫路で先進医療対応の多焦点レンズを
使った白内障手術をお探しなら

ささお眼科クリニック
〒672-8071  兵庫県姫路市飾磨区構1丁目72番地

当院へのアクセス

多焦点レンズ・白内障手術に関するお問い合わせ・ご予約は

手術は毎週水曜日に行っております